着物のクリーニング

厳しい環境で培った知識と技術でお応えします

京都では、その土地柄から着物のクリーニングに関して、非常に高いレベルを求められます。
当社はその京都で50年以上、知識と技術を培ってきました。
それらをフルに活用し、丸洗いや洗い張り、紋直し、色修正、寸法直しなど、幅広くお客様のお困り事を解決いたします。

和装クリーニング・メンテナンスの流れ

1.洗い前のチェック

15
着物用のハンガーに掛けてシミや汚れ、変色がないかをチェックします。
また、染色堅牢度(染色した色の強さ)のテストをします。
変色や色が抜けている箇所は色修正も承ります。

2.洗い前処理

16
シミや汚れが付きやすい衿・裾・袖口の前処理を行ないます。
前処理をすることで、洗いの工程で生地を傷めずスムーズに汚れを落とすことができます。

3.洗い

17
着物専用の特殊なネットで包み、保護をして丸洗いを行ないます。

4.乾燥

05
温度が管理された乾燥室に入れて自然乾燥します。
生地に負担をかけない自然乾燥なので、縮みや変色を起こしません。
乾きむらができないように、ピンと張って干します。

5.仕上げ

06
表地と八掛のバランスを考慮し、細心の注意を払いながら仕上げを行ないます。

6.最終検品

20
着物用ハンガーに掛けて”つり”がないかしっかりチェックします。
最後は文庫へ入れて、工程完了です。

参考価格

振袖 (化繊) ¥8,000 (正絹) ¥10,000
留袖・色留袖(比翼付き) (化繊) ¥7,000 (正絹) ¥9,000
長襦袢 (化繊) ¥1,800 (正絹) ¥2,500
(すべて税別)
※十二単装束のクリーニングもしております。別途お見積もりさせていただきますのでご相談下さい。
詳しい価格は【料金について】のページをご覧ください。

ここが違う、レリオンの技術

防汚加工 ※房(ふさ)など洗うことが難しい箇所に最適

29
防汚加工は、事前に、またはお召しになる前に加工を施すことで、着物の表面を保護し、汚れが付着しても繊維の奥まで浸透しません。
ですからお手入れも楽になり、シミ抜きの回数も減らすことができます。

防汚加工

和装・ドレス類 クリーニング料金 + ¥15,000~
和装小物類(懐剣、末広のふさ)  クリーニング料金 + ¥1,000~
(すべて税別)

よくある相談・実例

処置前 処置後

すそ

処置前 処置後
まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください。
ウェディングドレスの
クリーニング承ります

ご依頼品を宅配便にて
お送りください。

ご利用の流れはこちら

〒615-0064
京都市右京区西院久田町145
TEL:075-325-4485

お問い合わせはこちら

過去の記事