ウェディングドレス

1着1着に最適なメンテナンスを

ウェディングドレスに限らず、ドレスは生地の風合いや色・柄、レースの使い、花飾りや装飾など、二つと同じものはありません。
お客様のドレスに対する想いやご要望もさまざまです。
当社では、クリーニング前のチェック・打ち合わせを密にし、お客様一人一人、ドレス1着1着に対して、最適なメンテナンスをさせていただきます。

ウェディングクリーニング・メンテナンスの流れ

1.洗い前のチェック

差し替え03
ドレスのデザインや生地をチェック。
ほつれそうな箇所がないか、デリケートな部分はないかなど、しっかり検品をします。
お客様と個別の打ち合わせをしながら、汚れ・デザイン等を考慮し、細かい「メンテナンスプラン」を作成します。

2.洗い前処理

05
汚れのきつい箇所や特殊なシミは前処理を行ないます。
前処理をすることで、洗いの工程で生地を傷めずスムーズに汚れを落とすことができます。

3.洗い

「洗い前のチェック」で作成したプランに沿って、洗いを行ないます。
水洗いによる丸洗いで、汗汚れや皮脂汚れなどの見えない汚れも除去します。

4.乾燥

06
温度が管理された乾燥室に入れて自然乾燥します。
生地に負担をかけない自然乾燥なので、縮みや変色を起こしません。

5.仕上げ

07
ドレスの形や風合い、デザインを損なわないよう、細心の注意を払いながら仕上げを行ないます。
蒸気を吹きつけてしわを取るだけでなく、花びらの一枚一枚やフリルなど、ドレスに合わせて細かく仕上げていきます。

6.最終検品

04
ドレスは見る角度によって見えるシミ・見えないシミがあるので、上下左右、あらゆる方向から目線を変えてチェックします。
シミ残りが発見された場合は、専門スタッフによるシミ抜きを行ないます。

参考価格

ウェディングドレス・カラードレス (化繊)¥12,000~ (シルク)¥18,000~
パーティードレス (化繊)¥2,000~ (シルク)¥3,000~
フォーマルドレス (化繊)¥2,500~ (シルク)¥3,500~
タキシード ¥5,000~
(すべて税別)
詳しい価格は【料金について】のページをご覧ください。

ここが違う、レリオンの技術

はりだし加工

写真のように”張り“がなくなってしまった花の装飾。
当店の「はりだし加工」は、くたくたになってしまった花の装飾やパネルを修正し、よみがえらせることができます。

はりだし加工 クリーニング料金 + ¥8,000~(税別)

09 10
はりだし加工前 はりだし加工後

よくあるご相談・実例

すそ汚れ

処置前 処置後

ワインのシミ

処置前 処置後
まずは、お気軽にご相談・お問い合わせください。
ウェディングドレスの
クリーニング承ります

ご依頼品を宅配便にて
お送りください。

ご利用の流れはこちら

〒615-0064
京都市右京区西院久田町145
TEL:075-325-4485

お問い合わせはこちら

過去の記事