着物の保管のご相談

着物の保管のご相談

2019年04月16日(火)7:53 PM

例年この時期は着物を着る機会も多いことから
多くのお着物をご依頼いただきます。
その際によくご相談いただくことがクリーニング後の保管方法です。

ご使用になる前にシミ抜きをご依頼いただくことも多いことから、
たとう紙にいれ、そのまま保管することに不安を感じる方も多くいらっしゃいます。
「次いつ使うかわからへんし…」「虫干しもすれば良いけど、ちょっと面倒」
というご意見をよくお伺い致します。

そのような時にオススメするのが当社で行っております窒素パック加工。
詳しくは→こちら
写真では着物を直接入れておりますが、たとう紙にくるまれたままでも加工できます。
しかも虫干し要らずで、ずっとタンスの中に保管できます。

この加工、私どもはドレスを保管することをメインに考え導入したのですが
実は着物のほうが適していて、実際ご依頼いただくお客様も圧倒的に着物のご依頼が多いのです。
しかもドレスは1点だけしか包装できませんが
着物は2枚程度はできてオトクなのです。
(もっとも使う時は一気に2枚開けてしまうことになりますが…)

ご利用なさったお客様から「なんでホームページでもっとすすめないの?」というお声もいただきましたので
書かせていただきました。
保管でお困りのお客様は是非一度ご検討ください。



«   |   »

ウェディングドレスの
クリーニング承ります

ご依頼品を宅配便にて
お送りください。

ご利用の流れはこちら

〒615-0064
京都市右京区西院久田町145
TEL:075-325-4485

お問い合わせはこちら

過去の記事