シルク素材について

シルク素材について

2017年07月25日(火)3:52 PM

“シルク”という言葉を聞いて、皆様はどう想像されますか。
現在では比較的、廉価なものが販売されていますが、
普段使いにはなかなかいかない素材であります。
シミがついた場合の取扱いも慎重にしなければなりません。

このように特徴のあるシルクですが、
昨年から1年間ほどあるブライダル業者様が
シルク素材のドレスを止められました。
理由は取扱が難しく、自社工場でのメンテナンスでうまくいかず、
しみ抜きを失敗し廃棄になることもけっこうあったそうなのです。
現在はお客様のご要望もあり、もとのようにシルク素材もラインナップされています。

その業者様からお預かりしていたシルクのドレスは、
光沢がとれていたり、キズになってしまったものをよく見かけました。
その都度シルク素材はシミ抜きをあまり「頑張りすぎない」ようにお話しさせていただいたのですが、
人間の心理として「薄くなったので、もう少しすれば除去できるのではないか」
という期待感のほうが上回ってしまうみたいです。

除去する技術力とそれ以上に“このまま続けると危ないな”という見極める力が重要なことだと思っています。



«   |   »

ウェディングドレスの
クリーニング承ります

ご依頼品を宅配便にて
お送りください。

ご利用の流れはこちら

〒615-0064
京都市右京区西院久田町145
TEL:075-325-4485

お問い合わせはこちら

過去の記事